振袖を自分で着られる人はどれくらいいますか?振袖は自分で着るのが難しいため、プロの方にお願いするというイメージがありますよね。もちろん、それでも問題がないのですが、自分で着れた方が何かと便利ですよね。では、振袖の着方について紹介したいと思います。

振袖を着るのに必要なもの

まず、振袖を着るのに必要なものがそろっていなければいけませんよね。では、ひとつずつ紹介したいと思います。

・着物類

振袖、帯、帯締め、帯揚げ、伊達衿

・下着類

肌襦袢・裾よけ・足袋・タオル・補正パッド

・振袖と下着の間に着るもの

長襦袢・半衿・衿芯

・小物類

長襦袢・半衿・衿芯

・その他小物

髪飾り・草履・バッグ

最低でもこれらの物は必要になるので、着付けをする前にすべてそろっているか確認しましょう。

振袖の着方の手順

・下着をつける

まずは和装ブラジャーをつけます。着付けはかなり胸を締めるので専用のブラジャーが無難です。また、最後に肌襦袢と裾よけを着れば下着は完成です。

・補正をする

補正パッドを2つ重ねて、体の凹凸を埋めるようにあてます。
腰のヒップ間が広いという方はウエストパッドとヒップパッドを大きくずらし、逆に狭いという人は重ねる幅を狭くします。このときにヒップパッドの両端を内側に折り込むことで腰の一番細い部分をカバーすることができ、上手く寸胴の体型に補正することが出来ます。次に紐を交差させて、前が絡めて結びます。あまった紐は折り込むなどをして、補正することが出来ます。次に紐を交差させ、前で絡めて結びます。あまった紐は折り込むなどをして始末をすればきれいになるのでOKです。

・長襦袢を着ましょう

まずは長襦袢の半衿部分に衿芯を入れます。長襦袢を羽織り、両袖を軽く引っ張るようにして背中を合わせます。この時衿に余裕を持たせておくと、衣紋がきれいに抜きやすくなります。次に片手で衿先を合わせて持ち、もう片方の手で衣紋を抜きます。衣紋はこぶしひとつ分くらいが目安です。抜いた衣紋崩さないように下前を合わせて同じように上前も合わせます。最後にマジックベルトなどで長襦袢を固定して襦袢よったシワをしっかり伸ばせば、長襦袢は完了です。

・振袖を着る

振袖は一度羽織ってから、両衿を持って背中に空気を入れるような感覚でもう一度羽織りなおします。次に振袖の下の方持って、下前を左の腰元へもって行き、その裾の長さを調整します。裾の長さはくるぶしが崩れる程度が丁度良いです。下前をしっかりと固定したまま、上前を右の腰元に持って行きましょう。しわを伸ばしながら、あわせた上前がずれないように、腰紐でしっかりと固定をしたら、身八つ口より差し入れて下前衿にクリップをはさみ、反対側のクリップで上前の衿をはさみます。
このときクリップが一直線上に並ぶようにはさんでください。全体のしわをとって整えたら、着付けベルトの上あたりに腰紐を締めます。
次におはしょりをつくります。おはしょりのラインは左右が少し上に上がって利うと美しく見えます。おはしょりをあげてから上からおはしょりを固定するように前板をします。

・帯を結ぶ

ようやく、最終段階にきました。ここまでである程度の形になったと思います。最後は帯結びのやり方です。
手先を70センチほど取って左肩にあずけ、胴を帯の二巻結び、手先が上にくるように結びます。次に結び目に飾紐を結びつけておきピンチで衿元ではさんでおきます。この時、三重紐を結び目に上に当て前で結びます。たれの結び際を広げて左肩に羽根を三つ山ひだにして、二枚つくり輪ゴムでとめて三重紐の二番目に挟み込みます。残りは半分に折って輪が手前にくるように三重紐の一番目に挟み込み、右にたらし、そして帯枕をして帯揚げをかけます。そして、下にある手先を10センチほど、輪ゴムで止めて小さな羽根をつくり、下から手先を持ち上げ帯枕を包み込むようにして衿元に止めておいた飾紐でしばります。

着崩れの直し方

着ていると着崩れしてしまうことがありますよね。その直し方を紹介します。

・衿もとがゆるんできたら

着物の裾を持ちあげ、長襦袢の後ろ身頃の背縫いを両手でつかみ下に引っ張って前の衿のたるみを直します。

・腰にたるみがでてきたら

座ったり立ったりする過程でお尻の辺りから腰にかけてたるみがでます。そんなときは、おはしょりをめくり上げ腰紐の上をおはしょりを内側から持ってたるんだ部分を引き上げます。その際に腰にしわが出来たら左右に広げて伸ばしおはしょりもきれいに直します。

まとめ

このように、振袖の着方について紹介しました。以上を読んで難しく感じたかもしれませんが何度も着ていくうちに慣れてきて上手に着ることが出来ます。もし、自分で振袖の着方をやってみたいという人は自分で着てみることをおすすめします。その方が自分の好きなタイミングで着れて便利なのでおすすめです。興味がある人は是非参考にしてみてくださいね。